ホスピタリティマナーと介護

 · 

「礼儀作法はチームワークに繋がります」ホスピタリティマナー講座

前回、日本の「礼法」は武士道と深いかかわりがあることをお伝えしました。「礼法」は現代の「礼儀作法」の基になっている作法が多くあります。現在の日本のマナーは日本の歴史や文化に繋がっている事が多くあります。礼儀とは「心」、作法とは「形」の事です。礼儀作法とは「相手を大切に思う心を形にして表す」という意味です。礼儀作法は「相手を気づかう心」でもあります。相手を気づかう心とは、他者の悲しみを自分の悲しみとしてとらえ、相手を思いやることです。日本人はこのような気持ちを文化的にベースとして持っています。職員ひとり一人が、利用者や家族のみでなく、一緒に働くすべての人に「相手を思いやる心」を持って接すればチークワークが形成されます。介護の仕事は「チームワーク」が不可欠の仕事です。1人の利用者に多くの人がかかわります。介護方針に基づいて、職員それぞれに、ははたすべき役割があります。

#蜂谷英津子 #HOTシステム #ホスピタリティマナー #介護職のための接遇マナー  #介護職が知っておきたい接遇マナーのきほん

お問い合わせ

〒102-0074

東京都千代田区九段南1-5-6

りそな九段ビル5F

KSフロア

千葉オフィス

TEL:047-323-6969

FAX:047-323-6969

講座のお問い合わせ、お申込みはこちらのお問い合わせからメールを送ってください。

メールでお返事を差し上げます。

会社案内

研修案内

参加者の声

詳しくはこちら
詳しくはこちら

ホスピタリティマナースクール

詳しくはこちら
詳しくはこちら

人材育成コンサルタント

詳しくはこちら
詳しくはこちら

仕事と介護の両立支援

詳しくはこちら
詳しくはこちら

蜂谷英津子のブログ

詳しくはこちら
詳しくはこちら

監修「日経DVD」

詳しくはこちら
詳しくはこちら

介護対談(みんなの介護)

詳しくはこちら
詳しくはこちら

出版物・メディア紹介

詳しくはこちら
詳しくはこちら
詳しくはこちら
詳しくはこちら

プライバシーポリシー

詳しくはこちら
詳しくはこちら