ホスピタリティマナーと介護

 · 

「桜は散り際が美しい」 

 「花は桜木 人は武士」という言葉があります。 一休宗純禅師の言葉とされていて「桜は散り際が美しいもの、武士もまた桜のように死に際が潔いもの」というような意味があると言われています。満開の桜も艶やかで美しいですが、散り際の桜も風情があり美しいものです。実は日本に古から伝わる礼法も武士と深いかかわりがあります。現代でも有名な「小笠原流礼法」は正式名を「小笠原流弓馬術礼法」といい、鎌倉時代に武士が日々の生活のなかで、心と身体を鍛えることができる訓練法として作られたもので、武士にとっての礼法です。現在、私たちが学んでいる「礼儀作法」の基になっている作法が多くあります。私も接遇マナーの書籍を執筆する時には参考にさせていただいています。

#蜂谷英津子 #HOTシステム #ホスピタリティマナー #介護職のための接遇マナー  #介護職が知っておきたい接遇マナーのきほん

お問い合わせ

〒102-0074

東京都千代田区九段南1-5-6

りそな九段ビル5F

KSフロア

千葉オフィス

TEL:047-323-6969

FAX:047-323-6969

講座のお問い合わせ、お申込みはこちらのお問い合わせからメールを送ってください。

メールでお返事を差し上げます。

会社案内

研修案内

参加者の声

詳しくはこちら
詳しくはこちら

ホスピタリティマナースクール

詳しくはこちら
詳しくはこちら

人材育成コンサルタント

詳しくはこちら
詳しくはこちら

仕事と介護の両立支援

詳しくはこちら
詳しくはこちら

蜂谷英津子のブログ

詳しくはこちら
詳しくはこちら

監修「日経DVD」

詳しくはこちら
詳しくはこちら

介護対談(みんなの介護)

詳しくはこちら
詳しくはこちら

出版物・メディア紹介

詳しくはこちら
詳しくはこちら
詳しくはこちら
詳しくはこちら

プライバシーポリシー

詳しくはこちら
詳しくはこちら