ホスピタリティマナーと介護

介護セミナー

「介護離職0」を実現する為には
介護に対する正しい知識が重要です!

介護サービスの中身を知ることにより、仕事を続けながら、
親の介護をするにはどのようにすればよいのか、も
し将来自分に介護が必要になっても、家族に迷惑を掛けずに、安定して穏やかの生活を送るにはどのようにすればよいのか等いざという時に備えて、知っておきたい介護サービスのポイントについてお伝えいたします。また、少子高齢化の現代、労働人口の減少に伴い経済長率の低下が問題になっています。新しい労働力の確保が必要です。それには女性の労働力の確保が急務です。介護をしている人は50代が中心です。そして、親の介護が原因で離職するする人は、年間10万人と言われています。介護が原因で離職や転職した女性は男性の約5倍になります。

介護保険制度や介護サービスの知識を学ぶことにより、働き盛りの40代・50代の方が仕事を続けなら介護をする方法を考えます。 

企業の福利厚生部門・町内会・老人会・婦人会・OB会等への出張研修承ります。

①社会人のための介護基礎知識講座

介護の現状や介護保険の中身、在宅サービスの種類や費用など、
仕事を続けながら親の介護をする為に必要な知識を分かり易く伝えます。

  • 少子高齢化社会をむかえた日本の介護の現況
  • 国の方針とは
  • 介護が生活に与える問題
  • 介護サービスを受けるまでの流れ
  • 介護保険の基礎知識
  • 要介護区分の目安や給付金の上限額や介護サービスの種類とその料金
  • 主な在宅サービスの種類と問題点、提供サービスの特徴
  • 仕事と介護を両立するためのポイント

②介護施設の種類と違い・親の呼び寄せ

代表的な公的施設と民間施設の違い。主な公的施設のサービス特徴と費用の目安。

代表的な民間施設である「介護付き老人ホーム」「住宅型老人ホーム」「グループホーム」「サービス付き高齢者向け住宅」の特徴と違いについて分かりやすくご説明いたします。

それぞれの施設に入居した場合のメリットとデメリット。
介護施設を選ぶときのチェックポイントを、具体的に事例を踏まえてご説明いたします。 

実際に親を呼び寄せるときの「呼び寄せ」のプロセスや注意点、準備の内容等を時系列に従って説明

いたします。6か月前、3か月前、1か月前、7日前、呼び寄せ後の確認事項とは。

③身近な人が介護になった時の接し方

きらめき介護塾 ~思いを理解してかかわる~「認知症の人の気持ち」

ご自身のご家族が認知症になった時、どのように接すればよいのでしょうか?

認知症にかかった方の気持ちとは、どのような気持ちでしょうか?

どうして洗濯機や炊飯器などの普段使っている物が上手く使えなくなるのでしょうか?

なぜ、問題行動が起こるのか?その時、どのように関わったらよいのか?

ご家族がもっと苦慮される、認知症の方への対応について、具体的な事例をあげて分かり易く伝えます!

このような内容をお伝えします!

大脳のしくみ

・物を見てから行動に移るまでの脳のメカニズム

・認知症のイメージ

・認知症の種類

・認知症の6~7割を占めるアルツハイマー型認知症につての説明

・認知症と物忘れの違いについて

・認知症の方への上手な対応や声掛けの仕方について

・認知症の初期症状とは

・どうして洗濯機や炊飯器等の普段使っている物が上手く使えなくなるのか?

・なぜ、問題行動が起こるのか?

・その時、どのように関わったらよいのか?

・具体的な事例をあげて、分かりやすく説明します

・認知症の方を介護する時の3つのポイント 

お問い合わせ

〒102-0074

東京都千代田区九段南1-5-6

りそな九段ビル5F

KSフロア

千葉オフィス

TEL:047-323-6969

FAX:047-323-6969

講座のお問い合わせ、お申込みの方はこちらからお問い合わせください。

ホスピタリティマナースクール

詳しくはこちら
詳しくはこちら

介護対談(みんなの介護)

詳しくはこちら
詳しくはこちら

きらっこノート

詳しくはこちら
詳しくはこちら

会社概要

詳しくはこちら
詳しくはこちら

研修実績

詳しくはこちら
詳しくはこちら

代表プロフィール

詳しくはこちら
詳しくはこちら

出版物・メディア紹介

詳しくはこちら
詳しくはこちら

接遇マナーリーダー養成講座

詳しくはこちら
詳しくはこちら

人材育成コンサルタント

詳しくはこちら
詳しくはこちら

交流分析

詳しくはこちら
詳しくはこちら

介護セミナー

詳しくはこちら
詳しくはこちら

ピンチをチャンスに変えるクレーム対応

クレーム対応はこちら
クレーム対応はこちら

プライバシーポリシー

詳しくはこちら
詳しくはこちら

パートナー講師

詳しくはこちら
詳しくはこちら